FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

医療機器の修理

医療機器の保守点検と修理に関しておさらい

保守点検:清掃、校正(キャリブレーンョン)、消耗部品の交換等をいうものであり、故障等の有無にかかわらず、解体の上点検し、必要に応じて劣化部品の交換等を行うオーバーホールを含まないものであること

(平成8326日:健康政策局長通知第263号より)
医療用具の修理:「故障、破損、劣化等の箇所を本来の状態・機能に復帰させること(当該箇所の交換を含む)や、故障等の有無を問わず解体のうえ点検し、必要に応じて劣化部品の交換等を行うオーバーホールを含む」こととの違いに注目して下さい。


*つまり、保守点検ではオーバーホールや修理は行なえないことになっています。
 

健康政策局長通知をみると臨床工学技士は、機器のオーバーホール(修理)が実施できないように思われますが、修理に関しては、自らが所属する医療機関内における実施に限定し、自らが所属する医療機関内の責任のもとに製造業者が提供する情報をもって臨床工学技士が自ら行なうことができます。また、適切な業者に委託することも可能です。

*分かりにくいですが、自己責任においては修理も可能です

つまり、病院というところは何でも自己責任でできますが、

何か起こったときはその人の責任ですよ!ということです

スポンサーサイト



  1. 2008/03/28(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する