FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

 昨日、系列の病院に頼まれて、医療安全講習に行ってきました。
臨床工学技士が、いない施設で輸液ポンプの講習と改善のアドバイスを依頼されました。医師不足に苦しんでおり、病棟も2つ閉鎖していました。もちろん赤字で医療機器の購入等は満足にできていないようでした。お金をかけなくても改善できそうなこともありましたので、アドバイスしていきたいと考えています。
 これからは、技士会でも技士のいない施設へのサポートが出来ないものかと考えていきたいと思います。


 行く道中の雰囲気や都会からの距離は、ちょうど亀田総合病院に似たものがありました。亀田総合病院も30年前は、ほぼ0からのスタートしたようです。やる気になれば患者さんに選ばれる病院になれるのです。みなさんがんばっていらっしゃいましたが、一致団結してもっと強い気持ちを持って欲しいと感じました。
スポンサーサイト



  1. 2008/04/16(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

コメント

視野の転換・・

今の医療業界ってか病院は、患者様に選ばれるだけでは駄目かも!?
医局人事が崩壊寸前なので、医師に選ばれる病院にも成る必要が有ります。
医師に人気が有る病院→医師が増える→良い医療が提供出来る→患者数が増える
また医師が多いと、1人の医師の負担も軽減出来る→医師が辞めず益々増え好循環に。
結果、病院の収益が上がり次の事業が出来る。

これが反対の施設は・・・
医局制度も良し悪し有るけど、現状が良いとも感じません。
地方都市では医師の確保が難しく成ってるし、
今後って露骨に勝ち組・負け組の病院が出て来そうな予感!?(-_-;)
  1. 2008/04/16(水) |
  2. URL |
  3. taka様 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する