FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

機器管理を極めると

いきなりですが、一句
 「できるなら やりすぎましょう 機器管理」  字あまり

これは、医療機器学会で学んだことである。

大会で論文賞をもらった亀田病院の森さんの話
 亀田病院の15年間7030件の分析より「バスタブカーブを利用した耐用寿命の分析」より

・MTTFF(初期故障期間)
  機器を購入してから初めて故障するまでの平均期間は1,5年であった
・MTBF(平均動作間隔)
  安定期に入った機器が故障する平均時間は1年であるので点検は半年後とに行なう必要がある
・MTTR(磨耗故障期間)
 年間の部品経費は12万円を越えると、機器の更新時期である


業者のムトウが「業委託に入っている施設で、輸液ポンプの返却時点検で流量テストを5万件やった結果、修理が必要な誤差は1件もなかった」ので点検から流量テストを省いてもよいのではないか?という報告

以上のような結果は、点検をやった実績からモノを言っているので説得力とエビデンスがあります。という訳で、点検をやっていないとエビデンスにはなりません。ですから「やれるなら やりすぎてみては?」です。
スポンサーサイト



  1. 2008/06/06(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する