FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

漁師、一斉休漁

燃料費の高騰に耐えかねた全国の船主や乗組員たちが十五日、一斉休漁に入った。「出漁すれば赤字」「自助努力も限界」という切迫した漁業現場の状況を訴え、 支援への理解を求める声を上げている。

全漁連によると、漁船の燃料に多く使われるA重油の価格は4年半前に比べ約3倍に上昇した。全経費に占める燃料費の割合も2006年の約20%から30%超まで増え、収支は厳しくなっている。東京・日比谷公園では漁民ら約3600人が集まり、政府・与党に燃料費高騰分の補てんなどの緊急支援策を求める決起集会を開く。

 各新聞の論調を見ると、すでに漁船の燃料は、税金がかかっていないのに漁業だけに損失補てんするべきでない!とひややかだ。今回の問題では、燃料高騰よりも、日本人の魚ばなれによる魚の価格下落の方が問題あるようだ。
 漁業の問題は、流通コストが高すぎることである。生産者の利益は、農業44%、漁業24%らしい。つまり、魚の値段に比べて、漁師に入ってくるお金は少ないのが問題だ!折角、税金を使うのなら漁業の構造改革に使うべきだと思う。
スポンサーサイト



  1. 2008/07/16(水) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する