FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

新しい呼吸器

昨日、人工呼吸器「ハミルトンG5」を見せてもらいました。
すごく先進的な機械で、これからの呼吸器のような気がしました(大きさは欠点ですが・・・)
IMG_0194.jpg   IMG_0195.jpg   
 まず、航空業界の考え方(数値や文字情報だけでは、人間ミスを犯しやすいため、視覚的に表現する)を応用し、だれでも目視で肺の状態が視覚的に分かるようにした動画「ダイナミックラング」です。
なるほど、この機能は新しく、分かりやすい!
IMG_0197.jpg   IMG_0196.jpg
次に、ASV(Adaptive Support Ventilation)では、体重やコンプライアンスから導き出した目標設定値に機械が自動的に合わせていきます。つまり、患者さんの状態に合わせて、最適と思われる設定に自動的に機械が調整すると言うものです。設定できるのは、%分時換気量(今の換気量より何%か上下することが出来る)、PEEP、酸素濃度の3つのみです。
 そして、ベントステータスと言われるモニターで患者の状態把握をひと目で把握することができます。また、ウイーニングしてもよい状態に入ると、時間がカウントされ、ウイーニングをサポートするそうです。
P/VTOOLでは、LIPやUIPを測定でき、それを元にAPRVの設定を決めるサポートにもつかえるようです。
臨床では使っていませんが、かなり使える呼吸器のような気がしました。
スポンサーサイト



  1. 2008/08/08(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する