FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

無責任の責任

福田首相があまりにも「無責任だ」259「何もやっていない」260と批判ばかり受けているので、かわいそうになってきました。ちょっとフォローしておきますか!?

 昔は「無責任だ」はあまり出なかった様な気がします。と言うのもかつての最高権力者は一度権力 の座に就くと容易な事ではその座を手放さなかったからです。それこそ逮捕されるとか、「もう退陣してくれ」が満天下に溢れた末に交代していたからだと思います。
 

 昔は、総理大臣に限らず院長でも教授で もそうですが、そのポストに就くことで得られる名誉、揮える権力、副産物としての役得が渾然一体となって魅力を形成していたのだと思っています。そういう メリットの引き換えに責任とそれに伴う批判と言うデメリットがありましたが、差し引きするとメリットがはるかに大きかったと考えます。

とこ ろが時代とともに、責任とそれに伴う批判が強大になってきています。それに反比例するように名誉も、揮える権力の量も、副産物としての役得もドンドン小さ くなっています。結果としてメリット、デメリットがトントン、もしくはデメリットの方がやや重くなる逆転現象が起こっているとも感じられます。

イ メージだけはメリットが勝っていた時代の感覚で就任しても、実際に就任してみると責任と批判ばっかりが大きくて、デメリットを補う魅力が乏しければ執着す る人間は減りますし、そんなポストに執着するのはアホらしく感じても不思議ありません。まだそういうポストを熱望する人間は数多く残っていますが、今後実 態が周知されるともに完全に敬遠されるポストに位置付けられるかもしれません。


 福田総理も最初は志があったのでしょうが、このご時勢それも長続きは無理ということでしょうか?麻生さんはこのような中で総理をしてみたいのだから、一度任せてもよいかもしれません。麻生さんは、会社の社長も経験しているので今までとは違った方向性が見えてくるかもしれません。271
 そのうち、病院でも突然やめる院長が出てくるかもしれません・・・・・・ってもうやめてるか!!?258

 国家の実体は、官僚です。国民の政治的関心が低くなるということは、官僚にとって、監視や統制が 弱まるということにほぼ等しい。国民の支持率が低いことは官僚にとって、必ずしも悪いことではない。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/03(水) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:2

コメント

メリットとデメリットのバランスが、シフトしていると私も思います。

あのポジションであの重圧、それなりのメリットが無いと、逆に汚職が増えるような気がします。

しかしあの辞任は、国民を馬鹿にしていると。
麻生氏の社長経験も実質親父の会社ですから、どれだけの経験をしたのか疑問です。

当院の院長は、次の職場探しをしていると毎年メーカー等から聞きます。
突然の辞任会見もそろそろかな。

離島勤務経験の医師は、県から正規の給料と島から裏の給料貰えたよって。おいしい話も無くなれば、離党勤務の医師も減る。少し話題ずれました。
  1. 2008/09/03(水) |
  2. URL |
  3. Rudy #QfNYz.PI
  4. [ 編集]

ん~

メリット・デメリットとかで、一国の指導者に成って貰いたく無い気も・・・
こんなの夢物語やろか???(笑)
もう少し国を思う、骨の有る指導者を希望します。

責任と権限は、確かに同時に与えられないと意味を成さないと思うけど・・・
最近の中間管理職とかも、責任だけ大きくない??(笑)
ただ権限も、自ら獲得していくものだとも思うし・・・
指導者としての器でないかえ??やっぱ福田君辞任は。
  1. 2008/09/03(水) |
  2. URL |
  3. taka様 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する