FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

カプセル内視鏡

オリンパスメディカルシステムズ)は、日本メーカー初で、通常内視鏡に匹敵する高画質を実現した小腸用の「オリンパスカプセル内視鏡システム、「エンドカプセル」)について、厚生労働省から日本での製造販売承認を2008年9月8日に取得した。当社は本商品を、2005年10月から欧州、2007年10月から米国で販売しております。

nr080910capsulej_01.jpg  カプセル(外径11mm、長さ26mm)
    nr080910capsulej_03.jpg リアルタイム観察を実現
小型カメラや照明を内蔵した錠剤大のカプセルを飲み込むことで、小腸全体の撮影を行う患者さんにとって負担の少ない検査です。カプセルは、消化管の蠕動運動によって移動しながら1秒間に2枚、約8時間かけて合計約6万枚撮影します。撮影画像は、カプセル本体から無線で患者さんが身に着けたアンテナに送信され、順次受信装置に蓄えられます。患者さんは、カプセルを飲み込んでから1~2時間後には病院を出て通常の生活に戻れます。撮影終了後、医師が受信装置から画像データをワークステーションにダウンロードして診断します。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/16(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する