FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

輸液ライン内の気泡について

滋賀県技士会のHPでおもしろい記事があったので転載します。


エキスパートナースの2007年度2月号に、輸液ポンプラインの気泡についての記事がありました。日頃の業務で、輸液ラインの気泡をよく見かけ、その気泡の除去に苦労されている方が多いと思います。今回、連載18回「チームで進めるリスク管理」の中で、日頃の疑問が解決できました。それは、輸液ラインの気泡の量ですが、どの位の気泡までなら血管内に入っても問題ないか?です。答えは、だいたい10mL以内であれば問題ないのではないかとの記事が載っていました。
例)内径が2.28mmの輸液ラインの場合、10cmの空気が入った場合は、約0.4mLです。


最近めっきり冷え込んできましたねー!?最近私は5時くらいになるとトイレに行きます。 もう年ですかねー?Rudyさんもトイレいきますか?

スポンサーサイト



  1. 2007/02/06(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:1

コメント

気持ちだけは若者です。

私は通常7:15に起きれば、仕事に間に合います。

しかしここ数ヶ月前から、6時前後に私もトイレで目覚めます。
たぶん寝る前に1L近くの水を飲んでいる(ダイエットのため)のが原因だと信じています。まだ若いつもりでいます。

先程透析学会誌を見ると、透析装置もSI単位に向かっているような記事がのっていました。静脈圧がmmHg→kPになるんですかね?
シリンジポンプ等の圧力計も単位が変わってますし、慣れるのにも時間がかかる年齢になってきたので心配です。やはりおじさんですかね?
  1. 2007/02/06(火) |
  2. URL |
  3. Rudy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する