FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

挿管チューブが燃えてしまう事故の対応について

気管切開術中に挿管チューブが燃えてしまう事故の対応について

事故を防ぐ対策を色々調べましたが、バイポーラシザースで発火した例まであって注意するのが1番のようですが、とりあえずの対策をまとめました。

 ・できるだけ酸素濃度を低く(40%以下)で使用する
 ・メス先が見えるところで使用する
 ・可能ならバイポーラを使用する

何か他によい対策やエビデンスを知っている方いませんでしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2008/10/30(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する