FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

電気メスで引火

山梨県立中央病院で11月下旬、県内の30代の女性が、電気メスによる帝王切開の手術を受けた際、太もも付近から火が出て、右足に全治1カ月のやけどを負ったことが13日、分かった。出産に影響はなく、女性は退院。病院側はミスを認め、女性に謝罪した。
 病院の説明によると、手術は2人の産婦人科医が執刀。女性の腹部を切開する直前に、下半身付近から火が出たという。やけどを負った右足は氷や水で冷やし、処置後は手術を続け、無事出産した。

 病院が調査したところ、事故原因は、女性の体に塗ったエタノールを含む消毒液「イソジンフィールド」が気化して、高温に熱せられた電気メスに引火したため、という。イソジンフィールドは、揮発性が高く引火の恐れがあることが「注意事項」に記載されていたが、執刀医は電気メスを使う前に、液体を十分にふき取るなどの注意を怠っていたという。

 手術中に発火しても、無影灯の影響で炎が見えにくいそうです当院は、エタノールの入っていないイソジン消毒液で、問題ありませんでした。自分の施設のイソジン液を確認してみてください。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/18(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する