FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

どのような機器から機器管理していくか?

今日は、「てつやさん」のリクエストにお答えして、どのような機器から機器管理していくか(初級編)です。

兵庫県臨床工学技士会ME部門のHPで資料・マニュアルの「機器管理の手引き」を見てもらえば10年ほど前に手探り状態で機器管理を始めた数施設の苦労話しを書いているので、少しおわかりできるかと思いますが、今日はどのような機器から機器管理していったらよいか?を簡単に書いてみたいと思います。
http://hce-me.srv7.biz/index2.htm

まず、どんな機器を管理するか?は各施設の要望にもよりますが、ME室で中央管理というなら下記の機器は外せません。
 ・輸液ポンプ、シリンジポンプ
 ・人工呼吸器
 ・除細動装置

中央管理という解釈は、一般的に2とおりのパターンがあります。
 1、ME室貸出→複数の病棟(手術室やICU)で使用→ME室で点検後次の貸出に備える
 2、ある病棟(手術室やICU)で使用→ME室で定期的に点検する

そもそも中央管理に定義はありませんが、多くの施設は、混在したものを中央管理と呼んでいると思いますが、1番のME室から貸出するものだけを中央管理と呼んでいる施設もあります。

その次に、管理する機器となれば、よく管理されているのが
 ・生体情報モニター
 ・超音波ネブライザー
 ・電気メス
 ・低圧持続吸引器
 ・血液浄化装置
 ・補助循環装置

となります。電気的安全性試験は、中央管理しているものは定期点検時にすべて行なう必要があります。
圧力計の使用用途は定期点検時には多くありますが、日常でも低圧持続吸引器の吸引圧や血圧計の圧力を測定するのに必要となります。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/22(月) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:1

コメント

さっそくリクエストに応えていただきありがとうございます。
「機器管理の手引き」はとても参考になりました。
検討していきたいと思います。
今後もさまざまの情報を期待していますので、よろしくお願いいたします。
  1. 2008/12/24(水) |
  2. URL |
  3. てつや #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する