FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ソニーは8日、片手で掴め、ポケットに入る超小型パソコン「VAIO Type P」を16日から発売すると発表した。

 長形3号の封筒とほぼ同じ(幅245ミリ、奥行120ミリ、高さ19・8ミリ)で重さは約634グラム。ピッチ約16・5ミリのキーボードに、解像度(1600×768)の8インチディスプレーを備える。通信規格は802.11n、3Gネットワークなどに対応する。
バイオ
 CPUは「ATOM  Z520 」(1・33GHz)で、OSは「Windows Vista Home Basic」。新世代リチウムイオンポリマー電池を採用し、標準バッテリーで約 4・5時間、大容量バッテリーで約9時間駆動させることができるという。価格は約10万円前後の見込み。

この中で注目の機能は、ワイヤレスWAN!?
「ワイヤレスWAN」とは、携帯電話やPHSなどの無線通信を利用して、広範囲におよぶネットワークにアクセスができる機能。「WAN」とはWide Area Networkの略称。その名の通り広い範囲を網羅しているので、公衆無線LANのようにアクセスポイントを探す必要がありません。
スポンサーサイト



  1. 2009/01/08(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する