FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

健診結果

ダイエット開始から苦節3ヶ月(最近あまりがんばっていませんが・・・)健診があり、結果が帰ってきましたので、報告します。


TC(トータルコレステロール)昨年212今年193(正常値130-220)
TG(トータルグリセロール) 昨年310→今年212(正常値 50-150)


まあまあ、がんばった方でしょう!?ウエストあと4cm減るとメタボリック解消です


日本動脈硬化学会は、心筋梗塞(こうそく)など動脈硬化性疾患の予防や治療の指標から従来の「総コレステロール」をはずし、代わりに「悪玉コレステロール」といわれるLDLコレステロールなどを判断基準とする新しい診療ガイドラインを策定した


 狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気を招く「高脂血症」の診断基準には、一般的に総コレステロールが使われている。しかし、「高コレステロール」の中でも、「善玉」のHDLコレステロールが多い場合にはLDLコレステロールは通常より低く、動脈硬化につながりにくい。日本人はこうしたケースが多く、総コレステロールを基準にすると、必要量以上の投薬が行われるなどの問題が分かってきた。このため、5年ぶりの改定では「誤解の元」となる総コレステロールを基準から外し、高コレステロール血症は「LDLコレステロール140ミリグラム以上」とした。


HDLが体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを抜き取って肝臓に運ぶのに対して、LDLは肝臓のコレステロールを体の隅々に運んでいます。
LDLコレステロールが増えると、体の隅々に運ばれるコレステロールが増えて動脈硬化を促進する方向に傾くため、LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
逆にHDLコレステロールは、体の隅々の余分なコレステロールを肝臓に運び、動脈硬化の防止につながるため「善玉コレステロール」と呼ばれています。

スポンサーサイト



  1. 2007/02/28(水) |
  2. ダイエット(逆含む)
  3. | コメント:2

コメント

すごい!すごい!でも、これに気をよくして、食べすぎないように。 ちょっと、気を抜くと、すぐ元通りだよ。
 コレステロールの話、勉強になりました。覚えておきます。
なんでも、よく知ってるね。v-20
 
 今度は、メタボリックについて、又 お願いします。
  1. 2007/02/28(水) |
  2. URL |
  3. yasuno #-
  4. [ 編集]

コメントした返事してよv-58
コメンテーターの独り言でした・・・v-8
  1. 2007/02/28(水) |
  2. URL |
  3. yamachan #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する