FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

病院機能評価ver6

今日は、病院機能評価ver6について
詳しくは  http://jcqhc.or.jp/html/v6.htm#pagetop
今まで医療機器の管理は、施設の1部ということで6領域でしたが、ver.6より医療技術部門の4領域に変わります。項目は次の通りです

4.19 医療機器管理

 4.19.1 医療機器の管理体制が確立している
   4.19.1.1 医療機器管理に必要な人員が適切に配置されている
    ①管理・責任体制が明確である
    ②機能および業務量に見合った職員が配置されている
   4.19.1.2 機能に見合った施設・設備・機器が整備され、適切に管理されている
    ①必要な医療機器が一元管理されている
    ②メンテナンスに必要なスペース・備品が確保されている
   4.19.1.3 医療機器管理の業務マニュアルが適切に整備されている
    ①個々の機器の管理マニュアルが整備されている

 4.19.2 医療機器管理機能が適切に発揮されている
   4.19.2.1 医療機器の点検が確実に実施されている
    ①主要な医療機器について点検が定期的に行われている
    ②夜間・休日の対応体制がある

 4.19.3 医療機器管理機能の質改善に取り組んでいる
   4.19.3.1 医療機器管理に関わる職員の能力開発に努めている
    ①院内外の勉強会や学会・研修会の機会があり参加している
    ②学会・研修会への参加報告が行われ、業務の改善に役立てている
    ③職員個別の能力に応じた教育がなされている
   4.19.3.2 医療機器管理機能の質改善を推進している
    ①医療機器管理機能の課題が検討されている
    ②医療機器の標準化が図られている
    ③改善の計画と実績がある
スポンサーサイト



  1. 2009/03/12(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:20

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/03/12(木) |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

臨床工学技士で、一人部署です。
今年の11月に医療機能評価ver.6を受けます。
質問があります。
4.19.1.3①個々の機器の管理マニュアルが整備されている
とは、どこからどこまでの医療機器のマニュアルを作成すればよいのでしょうか。
体温計も医療機器ですが、そのマニュアルと言われても・・・
という感じです。

4.19.2.1②夜間・休日の対応体制がある
これは、1人部署だと、対応できません。
どうすればよろしいのでしょうか。

4.19.3.2医療機器管理機能の質改善を推進している
これも、複数人の部署で、ディスカッションしないとできないものなのではないでしょうか。

以上、何分一人部署で、当施設での実績が1年しかないため、
途方にくれています。

できれば回答をよろしくお願いいたします。
  1. 2009/04/10(金) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

医療機能評価は、初めての受診でしょうか?初めてなら次回までにやっておきます・・・で通ることも多いようです。

4.19.1.3①個々の機器とは、理想的には特定保守管理医療機器を指すと思いますが、現実的にはME室で管理している機器と特に保守が必要な8種類の医療機器のマニュアルを作成すればよいでしょう。施設の現状に合わせて出来る限りがんばってください。

4.19.2.1②夜間・休日の対応体制がある
→その機器の管理者へ電話連絡がとれる体制を一覧表にすればよいでしょう。

4.19.3.2医療機器管理機能の質改善を推進している
→これは複数人の部署でなくても出来るでしょう。例えば、手術室の師長さんとデイスカッションして質の改善に繋げればよいでしょう!
  1. 2009/04/11(土) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

回答ありがとうございます!
初めての受診です。
「次回までにやっておきます」いざって時に使わせてもらいます。

すみません、また質問です。

例えば、内視鏡システムの保守管理契約を結ぶ手続きをしたのは自分、日常点検をしているのは外来看護師の場合、責任者はどちらになるのでしょうか?

また、マニュアルとは、自分的には簡易取扱説明書+日常点検実施表、と解釈しているのですが、当院の場合、超音波ネブライザーなどは中央管理せずに各病棟に置き、全て病棟任せです。

このように、各病棟の持ち物で、こちらが保守管理にタッチしていない機器も数多くあります。

これらはどのようにしていけばよろしいのでしょうか。

再び回答をよろしくお願いいたします。

  1. 2009/04/13(月) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

補足です。

サクションの保守管理はどのようにしたらよろしいのでしょうか。

自分は今医療機器管理ソフトを使い、個別のIDを登録しているのですが、サクションは、「陰圧メーター」「上蓋」「ビン」の3種類の部品に分かれており、これら全てに同一のIDを付けるとなると、せっかく全て同じサクションに統一して、消毒後の組み立ても簡単になっているのに、IDを合わせる作業ができてしまい、
現実的ではありません。

しかし、IDで管理しないと、保守管理台帳は作れません。

どうしたらよろしいのでしょうか。

何度もすみません。よろしくお願いいたします。
  1. 2009/04/13(月) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

質問の回答

内視鏡システムの保守管理契約を結ぶ手続きをしたのは自分、日常点検をしているのは外来看護師の場合、責任者はどちらになるのでしょうか?
→あなたが医療機器安全管理責任者であるかどうかにもよりますが、一般的には、内視鏡室の管理者が責任者となるでしょう。

また、マニュアルとは、操作マニュアル・簡易取扱説明書・点検マニュアルと色々とありますが、機能評価では、定期点検間隔や故障時の対応手順等が整備されているかを評価しますので全て揃っていなくても評価3(合格)はできると思います。
当院も超音波ネブライザーなどは各病棟に置き、点検。故障以外は病棟任せです。

サクション=吸引器のことだと思いますが、基本的には電気式の吸引器が保守できていればと思います。病棟の吸引器(ビン)は、簡易取説や注意点を書いたものを配布しておけばよいのではないでしょうか?

あなたの施設がどれくらい出来ているかは分かりませんが、1名でも専任で色々考えて保守点検しているようなので、その調子でがんばれば評価3以上(合格)できると思います。
  1. 2009/04/13(月) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

何度も申し訳ありません。

自分は医療機器安全管理責任者に任命されています。

これにより、内視鏡室の管理者は変わってくるのでしょうか。

また、吸引器は、電気式ではなく、パイピングに挿して使用するものです。

これはどうしたらよろしいのでしょうか。

度々申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  1. 2009/04/14(火) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

あなたが医療機器安全管理責任者に任命されている場合、内視鏡室の管理者はあなたか内視鏡の責任者のどちらかがなればよいでしょう。あなたが内視鏡にどれだけ関わってくるかによって変わりますが、内視鏡の責任者の方がよいとは思います。

吸引器は(ビン)は、簡易取説や注意点を書いたものを配布しておいて、トラブル時に点検するといったルールを作っておけばよいと思います。

機能評価においては、細かいルールよりも基本的なルールや体制が出来てるかを審査する場合が多いです。
  1. 2009/04/14(火) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

丁寧に回答ありがとうございます。
もう少しお付き合いください。

今現在、輸液ポンプ・シリンジポンプを2ヶ月に1回、レスピの日常点検を月・水・金の週3回行っています。

これではもちろん足りませんよね。

作動中の輸液ポンプ・シリンジポンプ・レスピ・その他諸々の日常点検は、基本的に毎日行うべきでしょうか。

また、酸素流量計など、製造番号が解らないものには、危機管理ソフトに「不明」と書いてもおかしくないでしょうか。

よろしくお願いいたします。
  1. 2009/04/15(水) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

補足です。
「責任者」とは、どう言う書類に記せばよろしいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
  1. 2009/04/15(水) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

今現在、輸液ポンプ・シリンジポンプを2ヶ月に1回→充分じゃないでしょうか?当院は中央管理、定期年1回、その他部署年2回です。返却時点検を中心に実施しています。
レスピの日常点検を月・水・金の週3回行っています。
→日常点検=使用中点検でしょうか?使っていない呼吸器まで週3回も点検する必要はないと思います。

一般的に製造番号が解らないものは、機器管理ソフトに登録出来ないと思います。登録するなら自分で番号を作成する必要があると思います。

「責任者」は、あなたが医療機器安全管理責任者であるので、医療機器のトラブル発生時の対策手順を作成し、各部門の責任者から医療機器の管理責任者のあなたに連絡が来るようにしておけばよいと思います。
  1. 2009/04/15(水) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

輸液ポンプ・シリンジポンプ・セントラルモニターの取り説には、日常点検を毎日行うように、と記されています。

レスピはもちろん使用中点検ですが、主要8品目の日常点検は毎日やらなくても大丈夫なのでしょうか?

また、酸素流量計は全て独自でナンバリングし、その記号を危機管理ソフトに入れて、どこの病棟がどの酸素流量計を使っているかの記録が残せるようになっています。

医療機器トラブルがあった時のフローチャートを各部署に配布するような感じでよろしいのでしょうか?
  1. 2009/04/15(水) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

輸液ポンプ・シリンジポンプ・セントラルモニターの取り説には、日常点検を毎日行うように、と記されています。→日常点検は、外観目視検査および装置起動時のセルフテストが合格すればよいと考えますので、注意する点を使用する人にお知らせすればよいんじゃないでしょうか?

医療機器トラブルがあったは、フローチャートを各部署に配布するような感じでよいのではないしょうか。
  1. 2009/04/16(木) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

何度も何度も申し訳ありません・・・
主要8項目は、毎日点検しなくてもよいのでしょうか。
私の施設では、レスピと除細動器があります。
レスピは月水金の週3回、除細動器は週1回点検です。
この回数を増やすかどうか迷っています。
ご教授お願いいたします。
また、これからも色々とご教授いただきたいので、私のメールアドレス宛に返信くださると幸いです。
  1. 2009/04/17(金) |
  2. URL |
  3. シュウ #-
  4. [ 編集]

主要8項目は、日常点検(使用前、使用中、使用後)を行なってくださいと日本臨床技士会のQ&Aに記載されています。毎日点検=日常点検のことを指すなら、実施していただいたらよいと思います。

 現実的には使用後点検を中心にされたらよいと思います。
  1. 2009/04/20(月) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

ともにゃんさんこんにちは。
お元気ですか?

当院もついにきてしまいました。
2014年11月に機能評価を受けます。3rd G Ver1.0のようです。


当院では、人工呼吸器・輸液ポンプ類・メラサキュームの機器の使用前・中・後の点検は、紙ベースで点検表を作成し、機器にぶら下げてNsがチェックし、その後チェックシートは使用患者の入院カルテに挟んでいますがどうでしょうか?
使用後にはチェック表とは別に、CEがME室で点検をするので、使用前後は省略してもいいのでしょうか?
機器が増える度にチェックシートが出来て、Nsに「チェックばかりで、本来の仕事ができない。」とクレームを頂きました。ME機器以外にもチェックを必要とすることが多いようです。
ベッドサイドモニターは、ラミネート加工したチェック表をぶら下げ、患者に接続した後に、指さし点検で良しとしていますが、これでは不十分ですよね?ベッドサイドモニターは主要8項目ではないのでいいのでしょうか?
主要8項目でも、除細動器は、前・中点検は「緊急時にそんなことやっている暇ないでしょ。」ということで、機器にラミネート加工したチェック表をぶら下げて、使用後に指さし点検をしています。その後、CEによる点検をしています。

OP室の麻酔器はどうでしょうか?
麻酔器を使用しているDrが主に日常点検をするのでしょうか?
OP中でも輸液ポンプ・シリンジポンプ・電気メスなど豊富に使用しているので、それらの使用前・中・後点検も大変そうです。

医療安全管理指針を読むと、使用前・中・後の点検に「紙ベースで記録を残せ」とは記載がなかったと思いますが・・・。(記録表は載ってますが)

(当院はME室からの貸し出し業務は少なく、各部署での分散管理が主です。)

血圧計・酸素飽和度モニター・酸素流量計などは、過去のコメントによると、故障時に連絡があるようにしておけばよしとのことですが、中央管理は必須でしょうか?
現状では、各病棟に管理者(Ns)がいて、管理者が病棟管理Noを貼付し、何が何台あるか台帳を作成しています。それとは別に、ME室でもME管理Noを貼付し、中央管理を試みました。年に一度病棟を回り、ME室の台帳と合っているか確認します。しかし、看護師が検温に回っていると、機器が追えず、確認できない機器が結構あります。Noが剥がれているものもあります。ME室から病棟の機器を管理するのは、結構厳しいです。ズボラな性格がモロに出ます。
ある意味、有能な人材かどうか評価するには最適かもしれません。
血圧計・酸素飽和度モニター・酸素流量計などは、ME室を通して購入し、ME室を通して廃棄しているのに、管理できないってよっぽどバカなんでしょうか?

改善の計画と実績では、
・今年は電気メスの定期点検をメーカーに依頼したが、メンテナンス講習会に参加したので、来年からは院内で行いたい。
・OP室にCEの常勤がいませんでしたが、今年から配置することにした。
・ペースメーカー業務が開始され、CEが参画した。
というのはOKでしょうか?

長文失礼いたしました。
お忙しいとは思いますが、何かアドバイスを頂けたら幸いです。
  1. 2014/06/07(土) |
  2. URL |
  3. すわるかも #-
  4. [ 編集]

すわるかもさん、
機能評価3rd G Ver1.0ですか?
厳しいと言われていますが、機器管理で不合格って話も聞きませんし、大丈夫でしょう・・・・サーベイヤーしだいですが!?

で、質問の
>機器の使用前・中・後の点検は、紙ベースで点検表を作成し、機器にぶら下げてNsがチェックし、その後チェックシートは使用患者の入院カルテに挟んでいます
→完璧でしょう!やりすぎです。
 当院に限らず、中央管理機器に紙をぶら下げている施設は見たことがありません。これは、看護師発想ですね。形式だけのものなのでチェックに意味もありませんし・・・・

>使用後にはチェック表とは別に、CEがME室で点検をするので、使用前後は省略してもいいのでしょうか?
→使用後は必要ないでしょう!

機器が増える度にチェックシートが出来て、Nsに「チェックばかりで、本来の仕事ができない。」とクレームを頂きました。ME機器以外にもチェックを必要とすることが多いようです。
→確かにNSの言うとおり!
 何が大事かと言えば、事故を起こさないことですので、機器の操作面や事故につながる原理の教育が重要です、


ベッドサイドモニターは、ラミネート加工したチェック表をぶら下げ、患者に接続した後に、指さし点検で良しとしていますが、これでは不十分ですよね?
→充分です。当院は放置です(笑

ベッドサイドモニターは主要8項目ではないのでいいのでしょうか?
主要8項目でも、除細動器は、前・中点検は「緊急時にそんなことやっている暇ないでしょ。」ということで、機器にラミネート加工したチェック表をぶら下げて、使用後に指さし点検をしています。その後、CEによる点検をしています。
→機能評価は、安全のために点検する仕組みとトラブル時の対応が問われていますので、使用前・中点検は必要ありまん。正しい使い方の方が重要です。

>麻酔器を使用しているDrが主に日常点検をするのでしょうか?
→麻酔器の点検をしていますが、紙記録はありません。毎日ちゃんと出来ていることが分かればよいのです。つまり、サーベイヤーが看護師なり麻酔科医師など色んな人に聞いた時に、これだったら問題ないな?ちゃんと出来ているな?と感じたらよいのです。


>医療安全管理指針を読むと、使用前・中・後の点検に「紙ベースで記録を残せ」とは記載がなかったと思いますが・・・。(記録表は載ってますが)
→確認する方法は、紙しかないので、ざっくり見て出来ていることを確認します。

(当院はME室からの貸し出し業務は少なく、各部署での分散管理が主です。)

血圧計・酸素飽和度モニター・酸素流量計などは、過去のコメントによると、故障時に連絡があるようにしておけばよしとのことですが、中央管理は必須でしょうか?
現状では、各病棟に管理者(Ns)がいて、管理者が病棟管理Noを貼付し、何が何台あるか台帳を作成しています。それとは別に、ME室でもME管理Noを貼付し、中央管理を試みました。年に一度病棟を回り、ME室の台帳と合っているか確認します。しかし、看護師が検温に回っていると、機器が追えず、確認できない機器が結構あります。Noが剥がれているものもあります。ME室から病棟の機器を管理するのは、結構厳しいです。ズボラな性格がモロに出ます。
ある意味、有能な人材かどうか評価するには最適かもしれません。
血圧計・酸素飽和度モニター・酸素流量計などは、ME室を通して購入し、ME室を通して廃棄しているのに、管理できないってよっぽどバカなんでしょうか?

→機器台帳は、最低限必要です。無いと話になりません。
 機器管理とは、どのような機器があって、それを計画的に点検を実施することなのです。

改善の計画と実績では、
・今年は電気メスの定期点検をメーカーに依頼したが、メンテナンス講習会に参加したので、来年からは院内で行いたい。
・OP室にCEの常勤がいませんでしたが、今年から配置することにした。
・ペースメーカー業務が開始され、CEが参画した。
というのはOKでしょうか?

→よいと思います。

看護師に負荷をかけなくすることで、良い方向に進むかと思われますので、コミュニケーションをとって頑張っていってください!
  1. 2014/06/08(日) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

ともにゃんさん、こんにちは。
早速の返答・激励有難うございます!(涙)

今までやってきたことを、大分考え直さないといけませんね。
何でもかんでも、”記録を残す。”と思っていました。
Ver5の時に、上司に記録を残せと言われて、ポンプ類の前中後の記録をカルテに挟む事になりました。自分も「これは大変だよな。」と思ってました。なんせ、「記録がなければやった証明にならない!」と言うもんですから。
それをなくせば、看護業務もいくらかスムーズにいきますね。
ちなみに、使用中にチェックしている内容は、流量と積算、ルート、薬剤名などです。これを確認して、点検記録表にチェックするんです。確認しましたよ。と。これをやらなくていいとなると、不安ですが・・・。やるけど、点検記録表には残さない。という事でしょうか?使用中の確認項目の周知は、研修で教えるんでしょうか?
教えて頂きたい事が、まだまだありますが、ともにゃんさんの意見を参考に、もう少し考えてから、また質問させて下さい。
有難うございました。
  1. 2014/06/09(月) |
  2. URL |
  3. すわるかも #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/08/05(火) |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ともにゃんさんこんにちは。
当院、本日、病院機能評価が終わりました。
ME室の訪問審査ではとても緊張しました。
25分ほどME室でやり取りしましたが、重箱の隅をつつくような質問はありませんでした。事前にこちらからの資料を渡してあるので、それの確認のようでした。
全体の講評でも、C評価はなさそうです。最終的な判断はまだ分かりませんが。
ともにゃんさんには、たびたびご相談させて頂き、ありがとうございました。大変助かりました。
  1. 2014/11/14(金) |
  2. URL |
  3. すわるかも #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する