FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

兵臨工フォーラム

日曜日に、兵臨工フォーラムがあり、シンポジストとして、ME分野で参加しましたので、感想を延べたいと思います。


臨床現場に求められるこらからの臨床工学技士の役割として、一番印象的であったのは、特別講演で山川先生がおっしゃられた「臨床工学技士のブランドを高めないといけない」ということでした。先生から見ると、臨床工学技士は仕事を増やす努力が必要で、患者・他職種・透析自身・IT化・医療安全にもっと積極的に関わっていく必要があると言われ、最終的に「透析のことなら臨床工学技士に聞けば何でも分かる」と言うような価値観=ブランド力をつけよ!また、学校は41校に増え、年間1500人免許取得者し、大くが透析医療に関わっているのであるから、透析で増えた人員を賄えるかは疑問である?もっと努力が必要では?とのことでした。まったく、その通りである。


 実際の現場では、7対1看護の影響が大きいようで、意外な追い風が吹いているが、クリニックでは、求人が集まらないという問題があるようです。実際、1500人増えても1県あたりで考えると、30人程度で、今は売り手市場であります。それだけの人員を賄おうとすると技術料の獲得は必須となりますが、日臨工の役員選挙の投票率は30%ということで、全く持って技士の関心が薄い!!みなさんこんなんでいいのでしょうか!?

スポンサーサイト



  1. 2007/03/05(月) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:1

コメント

私は仕事増やしてまっせ!
もっとも、透析室の仕事ではなく、院内の仕事やけど…
今日も歯科口腔外科の医者から吸引の配管を延長したいんやけど知恵をかしてほしいと相談を受けました。
医療マネージメントの仕事も力を入れてやる予定です。
  1. 2007/03/05(月) |
  2. URL |
  3. ossan #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する