FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

新型インフルエンザの感染者が世界で1万人を越えてしまいました。今度の日曜日に予定しておりました兵庫県臨床工学技士会の総会も延期となってしまいました。
 感染者が急増している兵庫県ですが、関西以外の地域に広がっていないと言うのも不思議なものですが、関東の方でもみんながマスクをしているのでしょうか?
今日は昨日の神戸新聞の正平調よりhttp://www.kobe-np.co.jp/seihei/0001929343.shtml

 神戸で暮らし、働いている。マスクを着けて、市営地下鉄で出勤する。娘たちが通う大学や高校は、新型インフルエンザ対策で休校となった◆その立場でいえ ば、ここ三日間は感染の恐怖よりも、これから地域社会はどうなるのだろうという気持ちの方が強かった。舛添厚労相が、ようやく「病原性は季節性インフルエ ンザと変わらない」との考え方を示したのは、昨日夕方のことだ◆それにしても、昨日は混乱の一日だった。銀行員の感染が確認された支店では、ほかの行員も 自宅待機になった。店員が感染した駅の売店は休業した。子どもが神戸や大阪の高校に通う社員を出勤停止にした会社もある◆どれも過剰な反応というより、ど う対応すればいいか迷った末、最も警戒を強めた結果だろう。「冷静に」と繰り返すだけなく、具体的な情報やメッセージが欠かせないことを痛感させられる◆ 企業の中にはラッシュ時間を避ける時差通勤を認めたり、子どもの学校が休校になった共働き社員に配慮したりする動きも見られる。一人暮らしのお年寄りや外 国人に情報を伝える地域のグループ、持病や障害のある人のケアを話し合う団体…。さまざまな支えあいの動きが広がりつつある◆新型インフルエンザとの闘い は、これからも続く。幸い今回は一般の症状は軽い。感染が広がれば、社会は暮らしはどうなるのか。「次」のためにも、しっかり心に刻み付けておきたい。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/20(水) |
  2. つぶやき
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する