FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

添付文書に物申す

今日は、添付文書に文句を言います。
平成17年6月よりPMDAのホームページに添付文書が掲載されるようになりました。しかし、現在のところ235社8400品目しか掲載されていません。医薬品は99%掲載されているようですが、医療機器は、半分強の掲載のようです。大きな理由は、企業が自主的に登録する必要があるからだ!と考えます。また、検索しようとしても、医療機器の名称って一般的に言われている名称と添付文書に掲載されている名称が大きく異なることがあります。
1例を挙げますと  「シリンジポンプ」=添付文書の一般的名称では「注射筒輸液ポンプ」となり想像もつきません!

 掲載率を100%にするのは簡単なことで、メーカーに登録させるのではなく、薬事承認を取得する時には厚生労働省に添付文書を提出するわけですから、厚生労働省が直接入力してくれれば数年後には100%に近くなると思います。この辺は縦割り行政の弊害でしょうか?

あと、添付文書には、JANコード(商品を特定するコード)を記載する必要がありません!JANコードさえあれば「GS1-128」も作成できますし、添付文書に記載されたJANコードをHPで入力すれば1発検索できるシステムを作ってくれれば・・・・と思います。
スポンサーサイト



  1. 2009/06/04(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する