FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

客観的評価

ME室に返却された輸液ポンプに「点検してください」とか「何かおかしい」とだけメモが貼ってある場合があります。こうなるとたくさんの点検をしなければならなくなり大変です。誰に結果を伝えるべきなのかも解らず困惑してしまいます。
 また、病棟のモニターで「心電図がうまく表示しない」ということもよくあることです。
AX-201D.jpg  日本光電のAX-201D 10万円なり

こういう時にはテスターを使用したり、客観的な評価で原因を探り、依頼された人に正常な状態になったことを見てもらい納得してもらう必要があります。自分に装着して判断することもありですが、電極も無駄になりますし、客観的?とは言いにくいものがあります。
スポンサーサイト



  1. 2009/06/23(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する