FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

コニカミノルタさんのHPより「パルスオキシメーター知恵袋」のご紹介です。
大変解りやすく書いてありお奨めです。

http://konicaminolta.jp/instruments/knowledge/pulseoximeters/index.html
 7月に、携帯性、耐衝撃性に優れた指先型「PULSOX-1」も発売されたようです。

パルスオキシメーターと言えば、アメリカ発祥のような気がしますが、実は、1974年に日本光電の青柳卓雄氏らによりの特許がとられ、コニカミノルタ によって商品化されました。
しかし、本格的に臨床で使用されたのはアメリカにおいてでした。日本のパルスオキシ メーターを、アメリカのネルコア社がその技術を改良し、麻酔中のモニターとしてパルスオキシメーターが定着しました。一番の決め手は、消耗品商売って感じで機器を格安で配ったことが大きいと思います。いかに早く市場を独占するかが重要であるかがわかります。 1980年代の半ばには、アメリカの製品が日本に逆上陸、現在の形になっています。

 まあ、パルスオキシメータに関して言えば、アメリカが日本の真似をして成功しためずらしい商品であるとも言えます。
スポンサーサイト



  1. 2009/07/15(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する