FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

新型インフルエンザに使われた呼吸器は?

13日のNHKスペシャルで新型インフルエンザ特集をしていました。 ともにゃんの視点としては、新型インフルエンザに使われた呼吸器は?ってところでした。http://www.nhk.or.jp/special/onair/090913.html

 今回のウイルスは、感染してもほとんどの人が軽症で済むが、わずか数日で症状が悪化する「ウ イルス性肺炎」で死亡するケースも数多く報告されるなど、従来のインフルエンザと異なる特徴があることがわかってきた。普通の肺炎は、抗生物質で治るが、「ウ イルス性肺炎」の場合、免疫力が強い(若い人)ほど重症化する場合があり、サイトカインストリームにより、多臓器不全になってなくなる場合があるようです。世界での死者は、3205名で、医療水準の高いアメリカでも600名ほど亡くなっているようです。救命のポイントは、インフルエンザが確定していなくても、怪しい場合は、早くタミフルを投与することのようでした。

さて、使われていた人工呼吸器ですが、画面で見る限り次の通りでした。全部がディスポ回路ではありませんでした。
 メキシコの病院・・・PB840
 沖縄のPICU・・・R100でHFO施行中、VISIONで換気中にCPAに!?
 沖縄の病院・・・エビタ2デュラ
 NHKの紹介画面・・・エビタXL    以上のとおりでした。
スポンサーサイト



  1. 2009/09/15(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する