FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

症例・事例から学ぶ呼吸療法

兵庫県臨床工学技士会の定期学習会  「症例・事例から学ぶ呼吸療法」のご案内です。
今回は、マニアックな内容です。私もノウハウを詰め込んでご紹介します。

◆日 時: 2009年9月27日(日) 13:00~15:50
◆場 所: 宮野医療器 大倉山別館(神戸市中央区楠町2-3-11)
◆参加費: 会員・学生 1,000円 一般2,000円 *事前申し込みの必要はありません
◆プログラム
  12:40~ 受付開始
13:00~13:30 新型NPPV人工呼吸器 「カリーナ」の紹介    ドレーゲルメディカルジャパン
13:40~14:40 事例から学ぶ呼吸療法(使用経験・保守管理編)

    ◇「新しいN-CPAP装置の使用経験」  
 姫路赤十字病院 三井友成
    ◇「インスピロンネブライザ・アクアパックネブライザ・ハイホーネブライザの違いについて」
兵庫医科大学病院 臨床工学室 中野智彦
14:40~15:00 休憩(展示タイム)
15:00~15:45 Servo-i Open lung tool                     フクダ電子 株式会社
16:00~17:20 症例から学ぶ呼吸療法(臨床症例編)

    ◇「当院で行ったAPRV使用症例の報告」
        医仁会 武田総合病院 臨床工学科 MEセンター 石橋一馬
    ◇「ANCA関連の重症肺出血に対しAPRVとCPFを施行した症例」
                   神鋼加古川病院 ME室 廣畑由樹子 
    ◇「新生児横隔膜ヘルニアに対するNO療法の経験」 
                   兵庫医科大学病院 臨床工学室 木村政義

演題はプログラムより若干増える予定です。
決まり次第、ホームページにて詳細を発表させていただきます。
スポンサーサイト



  1. 2009/09/16(水) |
  2. 技士会
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する