FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

5Sって知っていますか?


当院では、新年度を機に大きく模様替えいたしました。具体的には、5Sに従い、整理整頓し、いらないものを捨ててしまいました。これにより、ME室は、貸し出しと返却・点検・修理の動線を区別し、非常にスッキリといたしました。



5S(ゴエス)とは、製造業サービス業などの職場環境維持改善で用いられるスローガンである。各職場において徹底されるべき事項で、整理整頓清掃清潔(習慣化の場合もある)の5項目を指す。



5S自体による効果は職場環境の美化、従業員のモラル向上などが挙げられる。5Sを徹底する事により得られる間接的な効果として、業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上などが挙げられる。これは、整理整頓により職場をよく見るようになり、問題点などの顕在化が進むためであるとされる。



○整理 :整理とは「要るものと要らないものとに区別して、要らないものを処分すること」である。 ○整頓 :整頓とは「要るものを使いやすいようにきちんと置き、誰でもすぐに分かるようにすること」である。
○清掃 :清掃とは「つねに掃除をし、点検すること」である。
○清潔 :清潔とは「整理・整頓・清掃の3Sを維持し、予防すること」である。
○躾 :躾とは「決められたことを、いつも正しく守る習慣づけのこと」である。



ドイツには『人生の半分は整理・整頓』という諺があります。技術大国といわれて久しいドイツ人の日常生活を象徴した諺です。人生80年のうちの40年間は整理・整頓に費やされているという程の意味です。それほどに整理・整頓は大切なことなのです。「そんなはずはない!」と思いますか?総理府統計局が平成13年に実施した「日本の社会生活基本調査」(調査総数106,731人)の結果に基づけば、日本人は平均1日の実に38.3%を整理・整頓に使っています。これほど重要な整理・整頓を大切にしない手はありませんし、5Sでは整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つをキチンと実施することが経営管理の勘所であるとの視点で、活動を推奨しています。

スポンサーサイト



  1. 2007/04/03(火) |
  2. 改善事例
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する