FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ICUにおける安全管理指針

医政発0330016号で「ICUにおける安全管理指針」について

集中治療室(ICU)における安全管理指針 P9/P38
(d) 臨床工学技士
○ 生命維持管理装置の操作並びにトラブル処理を行うにあたっては、臨床工学技士が関与することが望ましい
○ 臨床工学技士がICU内に常時勤務することが望ましいが、その体制ができない場合でも緊急時に臨床工学技士が適切に対応できる体制であることが望ましい。
○ 生命維持管理装置の重要な操作及びトラブル処理を実施するためのマニュアルを整備すること。
○ 生命維持管理装置の操作(設定変更など)及びトラブル処理の実施について記録を残すこと。
(f) 医療機器の管理・保守点検の責任者
○ ICUにおける、医療機器の管理・保守点検の責任者を決定し、権限と責任を明らかにすること
・ この責任者は、医療機関全体における医療機器安全管理責任者と兼任でも構わないが、緊急時に適切に対応できる体制であること。
・ この責任者は、臨床工学技士など医療機器管理に精通した者であること。
・ この責任者は、保守点検等を実施するためのマニュアルを整備し、その運用状態を監視し、記録を残すこと。
この責任者の管理の下に定期的に保守点検を行い、記録を残すこと。

重症患者のうち集中治療を要する患者の安全管理指針 P30/P38
(d) 臨床工学技士
○ 生命維持管理装置の操作並びにトラブル処理を行うにあたっては、臨床工学技士が関与することが望ましい。
○ 緊急時に臨床工学技士が適切に対応できる体制であることが望ましい。
○ 生命維持管理装置の重要な操作及びトラブル処理を実施するためのマニュアルを整備すること。
○ 生命維持管理装置の操作(設定変更など)及びトラブル処理の実施について記録を残すこと。
(f) 医療機器の管理・保守点検の責任者
○ 当該部門(ユニット)における、医療機器の管理・保守点検の責任者を決定し、権限と責任を明らかにすること。
・ この責任者は、医療機関全体における医療機器安全管理責任者と兼任でも構わないが、緊急時に適切に対応できる体制であること。
・ この責任者は、臨床工学技士など医療機器管理に精通した者であること。
・ この責任者は、保守点検等を実施するためのマニュアルを整備し、その運用状態を監視し、記録を残すこと。
・ この責任者の管理の下に定期的に保守点検を行い、記録を残すこと。

スポンサーサイト



  1. 2007/04/09(月) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する