FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

 私、本日救急法の講師で支部に行ってきます。
赤十字は病院以外に7つの事業を行っていて、そのうちの1つです。
今日は、教習所の教官に心肺蘇生法を教えるということで、少し緊張しています。考えて見ますと、最近の若者は、BLS講習を教習所で受講しているため、手技が結構できています。そういう意味では、教習所でしっかり教えてもらうことは、非常に重要で、命の教育にもなります。

新型インフルエンザ関連

 厚生労働省は20日、新型インフルエンザ患者の発生動向をまとめ、医療従事者の参考用にホームページ上で公表した。今月中旬までに国民の14人に1人が新型インフルエンザを発症し、患者が死亡する割合は14万人に1人としている。
 それによると、今月15日までの約4カ月間に医療機関を受診した患者数は、国民14人に1人に相当する約898万人と推計。入院患者の16人に1人が重症化し、患者が死亡する割合は14万人に1人とみられる。
 報告された50人の死亡例を分析したところ、発症から死亡まで平均5.6日だった。入院が必要と判断されてからは平均3.7日と短期間で亡くなっており、同省は死亡に至る経過について、細菌性肺炎を合併する季節性インフルエンザとは異なる要因が考えられるとした。

兵庫県では、ピークが過ぎた感じた気がしますが、どうなっていくのでようか?

スポンサーサイト



  1. 2009/11/24(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する